【5回受講】Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)は難しい?

Gabaマンツーマン英会話には、LPAっていうレベルチェックテストがあるみたい。なんか不安だな〜。

ありす

ぱに

テストと聞くと、心配になりますよね。Gabaのレベルチェック(LPA)はしっかり学習をしていけば、合格出来るレベルのテストなので、気負いする必要はありませんよ。

 

Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)について知りたい人向けに、レベル1からレベル4まで計5回のLPA受講経験を持つ私が解説!

 

不合格の経験も有りますので、それなりに参考になると思います。

 

この記事を書いている人

Gabaマンツーマン英会話公式はこちら

 

Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)とは・・・

 

LPAとは
Learning Progress Assesmentの略で、「学習進捗評価」という意味になります。分かりやすく言うと、レベルアップをするためのテストになります。

 

Gabaにはレベル1〜10までの10段階のレベルが有り、無料体験レッスンで自分のレベルが決定し、その後テキストが終わるタイミングでレベルチェック(LPA)の受講をすることになります。

 

Gabaのレベル設定
レベル能力
Starterまったくの初心者レベル
レベル1かなり制限された範囲内での会話ならできる
レベル2助けを借りて日常会話ができる
レベル3キーワードに頼って相手の話を理解
レベル4短い会話のキャッチボールができる
レベル5身近な話題では問題なく意思を伝えられる
レベル6海外で短期間の滞在が可能
レベル7相手に合わせて表現を使い分けられる
レベル8英語で日常生活を過ごせる
レベル9ネイティブレベルに近い会話力
レベル10ネイティブと同等のレベル

 

Gaba基準のレベル
レベル1〜3が初級、レベル4〜6が初中級、レベル7〜8が中級、レベル9〜10が上級 ※Starter(まったくの初心者)という大まかな指標もあります。

 

Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)の予約方法は、通常レッスンと予約方法が異なり、ラーニングスタジオで直接予約をする必要がありますが、

 

テキストが終わりそうなタイミングでカウンセラーが声を掛けてくれるので、日時を決めて予約すればOKです!

 

LPAの講師は、Gaba側が決めるので、先生を選ぶことは出来ません。

 

しかし、担当するのは同じラーニングスタジオにいる先生の中から選ばれるので、いきなり試験官みたいな強面の人が来る訳では無いので安心です。

 

因みにレベルチェック(LPA)も1レッスン分に含まれるので、その点だけ留意しておきましょう!

 

もし、受からなかったらどうなるの!?まさか永遠の追試地獄が待っていて、1レッスン分のレッスン料金を搾取され続ける的な!

ありす

ぱに

公平なテストですので、そのようなことはありませんよ(笑)

 

Gabaマンツーマン英会話公式はこちら

Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)は難しい?不合格になる人はいるの?

 

レベルチェック(LPA)の合格基準はレベル毎で12項目のチェックリストが有り、10個チェックが付けば合格という加点方式です。

 

テスト終了までの間にチェックが10個以下だと不合格になります。

 

 

完璧でなければいけないという訳では無いので、間違ってしまったり、ミスがあったら即不合格という訳ではありませんが、レベルチェック(LPA)で不合格になる人はいます。

 

ぱに

この記事の後半でお話しますが、実は私も2回ほど不合格なったことがあります。。

 

因みにGabaは話すこと(英会話)に重きを置いているので、レベルチェック(LPA)にライティングのテストはありません。

 

ライティングのテストが無いのは嬉しい!

ありす

ぱに

しかし、ライティングのテストが無いということは、知識があっても話せなければ不合格もあり得るということです。

 

「TOEIC600点保持者である、このおれがレベル3のレベルチェック(LPA)で不合格だと・・・。」

 

ということも有り得るということですね。

 

ぱに

とはいえ、テキストの知識をしっかりと把握し、しっかりアウトプットを出来るように練習をしていれば難しいテストではありませんよ。
知識がしっかりと実践的な英語力になっているかどうかを評価してくれるテストってことだね。

ありす

 

レベルチェック(LPA)に受かればレベルアップ、落ちれば同レベルの追加テキストで再度学習という流れになります。

 

具体的に説明すると、レベル1からレベル2になるレベルチェック(LPA)を受けた場合、受かったら、レベル1→レベル2へ。落ちた場合は、レベル1→レベル1の追加テキストBへ。

 

レベルチェック(LPA)に落ちた場合の追加テキストってどんな感じなの?レベルチェック(LPA)の再受講は出来るの?

ありす

ぱに

通常使うテキストは20トピックから構成され、追加テキストは10トピックから構成されています。これを終わらせて再度レベルチェック(LPA)を受けることが出来ます。

 

実際に私も不合格になったことがあるので何度も言いますが、レベルチェック(LPA)に落ちる人がいることは確かですし、お情け有りのテストではありません。

 

ツイッターでもLPAで不合格となった人が何人かいる様子。

 

LPAで話せずショック
今日、GabaでLPA(Learning Progress Assesment)を初めて受けました。結論、ショック以外の何者でもない。一番は、伝えるべきことをきちんと英語を使って伝えられなかったこと。文法と単語と時制が課題。正しい英語を話さないといけないと思う自分との葛藤ですね。さてどこまで成長できるかな。2020年6月24日
LPAズタボロ
レベルチェックでズタボロだった。緊張していたとはいえ、実際に英語を使う場面って絶対に緊張するし…まぁ、頭真っ白になるのは、身についていなかったってことね。仕方ない。できていないところも明確になったので、また頑張ろー2020年2月24日
LPAに落ちた
Gaba 開始して早16か月。ようやくレベル1〜3(初級)までのテキストを終えた。今日はレベルチェック!結果はもう少し勉強が必要で初級(土台作り)を続ける必要あり。回答レスポンス遅い。(ん?と考えて間ができちゃう)英語でのスムーズな打合せができるようになるまでは諦めんぞ。2020年1月28日
初めてLPAで不合格になった
英会話教室のGABAに2年半通い続けてきて、レベル昇格テストを受けるのは今日で4回目だったけど、初めて不合格になったよね2020年8月23日
LPAに2回落ちた
英会話のGaba、レベルチェックテストがさっき終わった 2回レベルアップに落ちていたんでやっと上がれて嬉しい2015年10月17日

 

レベルチェック(LPA)で不合格になった人は、今の自分の英語力に課題を見付けて、更なる向上心を持って英語学習に取り組んでいることが分かります。

 

レベルチェック(LPA)に落ちることで、気が付くこともあると思いますが、出来ることなら一発で合格したいですよね。

 

Gabaマンツーマン英会話のレベルチェック(LPA)の流れ

 

GabaのLPA流れ1
写真描写
6つの写真から、自分の自信がある写真を選び、写真の説明を行います。
GabaのLPA流れ2
写真から想定される会話
写真を見てどのようなことを話してるかを説明します。
GabaのLPA流れ3
写真の内容でロールプレイ
写真に関連することを質問されるので、自分に置き換えて答えます。
GabaのLPA流れ4
実際の会話でロールプレイ
このレベルで学んできた単元のロールプレイを行う。
GabaのLPA流れ5
LPAのレビューと合否
結果はすぐに出るので、出来ていたところと出来ていなかったところ、間違って使っていたフレーズなどを教えてもらえます。

 

レベルチェック(LPA)は2部構成となっており、写真描写→ロールプレイの流れなので、LPA前は、自分のレベルのトピックを総復習することに加えて、写真描写を強めに学習しておくことが良いということが言えますよね。

 

では順に具体例を用いて解説していきます。

 

写真描写

 

 

まず、6つの写真を提示されるので、その中から自分が話しやすい写真を選び、写真の説明をします。

 

例えば、公園で外国人2人が挨拶をしている写真を選んだ場合は、その人たちの特徴や公園の特徴などを説明。

 

ぱに

この例で言うと、「赤い服の男性が自転車に乗っていて、青い服の男性が音楽を聴いている」「大きな川や高層ビルの近くにこの公園がある」などを英語で言います。
写真を客観的に見て、英語で解説する必要がある(メモメモ)

ありす

 

写真から想定される会話

 

 

次に選んだ写真から実際にどのような会話をしているのかを連想して説明します。

 

この例で言うと、男性同士が公園で出会ったシチュエーションでの会話になりますので、こんな感じのことを説明。

 

青い服の男性:「おう、久しぶり!どこか行くの?」

赤い服の男性:「これから塾に行くんだ!そっちは?」

青い服の男性:「私は気分転換に音楽を聴きながら歩いているんだ!塾頑張ってね。」

赤い服の男性:「ありがとう!またね!」

 

ぱに

写真からどんな会話が想定されるかを想像して1人で2役分の会話を英語で話します。
確かにこれなら「YES、NO」だけの受け身の英語からの脱却が出来そう。

ありす

 

写真の内容でロールプレイ

 

続いて、この写真の内容に沿うような形で、講師に質問されますので、質問に答えます。

 

「公園にはどのくらいの頻度で行きますか?」
「ここから1番近い公園に行くには、どのくらいの時間が掛かりますか?」
「ここから錦糸公園に行くにはどのように行けば良いですか?」

 

ぱに

こんな感じで実際に自分に置き換えたシチュエーションで質問をされますので、レッスンで学んだ表現を交えながら回答していきます。
しっかりと自分に置き換えて応用できるかを見られているんだね。

ありす

 

ここまでで前半戦は終了です。

 

実際の会話でロールプレイ

 

ここからは、写真の内容とは離れますが、実際に講師との会話を5分程行います。

 

「最近は何かしていますか?」
「錦糸町でおすすめのレストランを紹介してください」
「外食へは月にどのくらい出かけますか?」

 

こんな感じで質問をされますので、レッスンで学んだ表現を交えながら回答していきます。

 

私、アドリブ英語苦手なんだよねー。

ありす

ぱに

レッスンで学んだ英語力があれば答えられる内容ですので、身構えなくても大丈夫ですよ!

 

因みにここで、重要なのは答えることに徹しないことでして、守りに入らず、攻めましょう!

 

講師に聞かれた質問に答えることと同時に、「あなたはどうですか?」と言えるかどうかでかなり評価が変わってきます。

 

ぱに

この数分間だけは、会話の主導権を握るくらいの気持ちでいると良いです。
これが英会話の本質!

ありす

 

LPAのレビューと合否

 

レベルチェック(LPA)自体は合計で30分程で終わりますが、その後担当カウンセラーを交えて、講師からレビューを受けます。

 

すぐに合否が出るので、合格なら次のレベルへ、不合格なら同じレベルの追加テキストBへ!

 

レベルチェック(LPA)のノートも講師が取ってくれますので、合格しても不合格でも自分が話せなかった部分の復習が出来ます。

 

 

実は、このタイミングが1番こっぱずかしかったりします。

 

講師がカウンセラーに英語でレビューをしてくれるんですが、その英語が難し過ぎて「何て言ってるのか分からない」けど、褒められてる感じや、おしいところを指摘されているような。

 

その後、日本人のカウンセラーが日本語で結果をフィードバックしてくれます。

 

Gabaマンツーマン英会話レベルチェック(LPA)通算成績3勝2敗の私の体験談

 

Gabaマンツーマン英会話に通い始めた私はレベル1から始まりまして、全然英語が話せなかったんです。

 

それでも毎レッスン予習復習とレッスンに打ち込んだ結果、緊張や不安はありましたが、レベル1→レベル2、レベル2→レベル3のLPAは一発で通過!

 

しかし、レベル4のレベルチェック(LPA)で初めての挫折を経験することになります。

 

レベルチェック(LPA)で不合格となった理由は、復習はしていましたが、写真描写が全然出来なかったこと、接続詞が上手に使えなかったことが理由。

 

ぱに

ずっと一発で合格してきたので、レベルチェック(LPA)はなんだかんだ受かるものだと思ってました。

 

それから追加テキストで学習を行い、再度レベルチェック(LPA)に挑戦しましたが、またも不合格!

 

レベルチェック(LPA)が受けられるタイミングになったので、成長しているだろうということで受講しましたが、前回と同じ理由で不合格。

 

ぱに

しかもこの時のLPAの講師が、普段のレッスンでもかなり仲良かった先生だったので、これはお情けでイケると思ったのに、落ちました。
お情けは本当に無いのね。

ありす

 

前回のレベルチェック(LPA)で指摘された部分を強めに勉強しておらず、全体的に復習していれば大丈夫だろう的な気持ちだったのが悪かったと反省。

 

再度追加テキストで学習を行い、不合格だった過去2回のレベルチェック(LPA)のレビューを参考に復習をした結果、最終的にレベル4のレベルチェック(LPA)に合格することが出来ましたが、レベルチェック(LPA)はしっかりと復習をしていないと落ちます。

 

ぱに

言い訳にはなりますが、レベルチェック(LPA)に落ちた2回とも、仕事が繁忙期だったので勉強に身が入りにくい時期でした。
少しのコンディションの違いや、勉強不足は簡単に見抜かれてしまうんだね。

ありす

Gabaマンツーマンレッスンのレベルチェック(LPA)対策

 

レベルチェック(LPA)対策はどのようにしていけばいいんだろう。

ありす

ぱに

実は、この記事を読んでいただいている方は、既にレベルチェック(LPA)対策をしていることになります。

 

ここまで読んでいただけている方は、レベルチェック(LPA)の流れも理解出来たと思いますし、私の失敗談も読んでいただいているので、同じような失敗はしないですよね。

 

なので、ここからはこれまでの振り返りと、アドバイスについて記載します。

 

  • レベルチェック(LPA)はお情けで合格出来るものではないことを知っておく
  • レベルチェック(LPA)は自分が納得したタイミングで受ける
  • レベルチェック(LPA)対策のレッスンをお願いするのも有り
  • トピックの総復習(写真描写は強めに)
  • レベルチェック(LPA)に再挑戦する場合は、前回のレビューを確認する

 

レベルチェック(LPA)は必ず受かるというものでは無いと分かった以上、テキストが終わったタイミングがレベルチェック(LPA)を受けるのに1番良いタイミングとは限りません。

 

もし、レベルチェック(LPA)に合格するレベルに到達していないと感じた場合は、復習をする時間も必要ですし、レッスンでレベルチェック(LPA)対策を先生にお願いすれば、自分のレベルのトピックを網羅的に復習させてくれます。

 

万が一、レベルチェック(LPA)に落ちてしまった場合は、絶対に前回のレベルチェック(LPA)のレビューは確認してください。

 

前回のレベルチェック(LPA)のレビュー確認を怠ると、自分が全力で網羅的に復習をしても、明確に何が悪かったのかという部分が見えてこないので、また不合格になるかもしれませんので。

レベルチェック(LPA)の前に先生からはこんなアドバイスを貰いました。

  • いつも通りリラックスして話すこと
  • とにかく楽しみながら話すこと
  • ネガティブにならず数多く話すこと

 

テストと聞くと緊張感はありますし、間違えたくないから余計なことを言わないようにしようと思っていた私でしたが、

 

レベルチェック(LPA)の合格基準はレベル毎で12項目のチェックリストが有り、10個チェックが付けば合格なんです。

 

減点方式のテストではないので、ミスらないように、余計なことは言わないようにというよりは、とにかく話して、チェックを付けて貰えるようにするのが大事!

 

「テストなんてもう何年も受けて無かった」という人もいるかもしれませんが、独学では、自分に期間や達成基準を設けることが難しいので、レベルチェック(LPA)のようなテストがあるからこそ、英語が上達すると言えます。

 

英会話の本質をしっかり理解して、レベルチェック(LPA)の合格を目指しましょう!

 

Gabaマンツーマン英会話公式はこちら

 

Gabaマンツーマン英会話の口コミ・評判を2年通った筆者がレビュー

【デメリットも紹介】Gabaマンツーマン英会話の口コミ・評判を元受講生がレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。