【全公開】英語初心者がGabaマンツーマン英会話に通った体験談⑧退職と卒業と留学

ぱに

こんにちは、会社を辞めてフィリピンのセブ島に留学した、ぱにです。

 

今回は、英語が全く話せなかった私が、Gabaマンツーマン英会話(以下Gabaと表記)に通い始めてから、卒業するまでの体験談を赤裸々に語っていきます。

 

はじめに、このトピックは私の自己満ではありますが、その代わりに本音100%の記事であることを約束!

 

結構な長編になりますので、これからGabaに本気で通ってみたいという人以外は、退屈な記事になってしまうと思いますが・・・。

 

逆に、これからGabaに通いたいと思っている人には、これ以上無いと言うほど、詳しい体験談を書いていますので、是非参考にしてみてください。

 

2年間Gabaに通い、レベル1(最底辺)からレベル4(日常会話レベル)になった私の体験談。

 

当時の私の心境や、英語の上達などを中心に書いていきますので、Gabaのリアルな姿をイメージ出来ると思います。

 

トピックの前半はGabaマンツーマン英会話のレッスンの話、後半は社会人が留学をする話の2部構成(全8回)で進めていきます。

 

Gabaマンツーマン英会話の無料体験レッスンの体験談はこちら!

【英語が全く話せない!】Gabaマンツーマン英会話の無料体験レッスンへ行った感想

 

「思い出ノート」のパート7はこちら!

【思い出ノート】Gabaマンツーマン英会話の体験談⑦初海外旅行と留学決意

 

「思い出ノート」のパート1はこちら!

【全公開】英語初心者がGabaマンツーマン英会話に通った体験談①入会後初レッスン

 

それでは「思い出ノート」の最終回です。

 

Gabaマンツーマン英会話で留学を決意した【その後・・・。】

 

それからの私はこれまでとは違いセブ島留学に行くことを目標に、Gabaでの学習を続けていました。

 

しかし、留学に行くとなると避けられないのが、会社の退職。

 

私は後輩への業務引き継ぎを開始。

 

退職日が近くなるにつれ、忙しくなってしまってたので、Gabaのレベル3からレベル4のレベルチェック(LPA)テストは2度落ちました。

 

ぱに

この時だけは、Gabaと会社の両立が難しかったです。

 

予習・復習をする時間を作るのが難しかったけど、会社を辞めて留学に行くとなると、どうしても通らないといけない道だったので、会社の業務を優先にしていました。

 

Gabaマンツーマン英会話と会社の福利厚生提携

 

退職間際の話にはなりますが、「Gabaの良さを会社の社員にも知って貰いたい」「Gabaにも何か残る形で恩返しをしたい」と思い、Gabaと福利厚生の提携をしようと思いつきました。

 

Gabaは2800社以上の法人提携実績があるようでしたので、ラーニングスタジオ錦糸町でカウンセラーに相談。

 

カウンセラーに名刺を渡し、法人担当社さんに繋いで貰い、後日お会いして打ち合わせてをしていただくことに。

 

話はトントン拍子で進んで行きました。

 

実際に営業担当から話を聞いたところ、私の会社でも現在既に3人の人がGabaに通っていると教えってもらいました。

 

名前は伏せられましたが、「錦糸町」「立川」「横浜」で通っている人がいるらしい。

 

錦糸町は私なので、他にも社員がGabaを利用していることを話せば、きっと上司にも納得するだろう。

 

そんなこんなで、決裁権のある副部長にGabaとの福利厚生の提携についての稟議書に捺印を貰いに行きました。

 

私の拙い説明でしたが、なぜかここもトントン拍子で提携の了承得られ、福利厚生の提携完了。

 

そんなこんなで月日が流れ、辞表を出すと言うタイミングがやってきました。

 

案外あっさりいったね。

社会人

ぱに

ここからクライマックスです。

 

副部長に退職挨拶をしたら衝撃的の事実が判明

 

課長・部長に退職挨拶を済ませ、最後に外出中だった副部長に挨拶。

 

因みに副部長は私が入社した時には課長で、昔業務中に私のスーツのズボン(股の部分)が破けた時には、ユニクロでズボンを買ってきてくれた恩人。

 

副部長は私が入社した時から面倒を見てくれていた人でも有り、挨拶が最後にはなってしまいましたが、必ずお礼を言わないといけない人の1人でした。

 

今回退職の挨拶をする際には、最終面接の時に利用した個室(昔役員が使っていた応接室)

 

部屋から出る緊張感はありましたが、話しているのは「これまでの感謝の気持ち」「過去の思い出話」

 

もうここまでくると、上司部下の関係では無く、長く同じ道を歩んできた1個人の会話に近い。

 

そして話は進み、退職理由について詳しく話すことに。

 

「以前から英会話スクールに通ってて、あ、この前のGabaっていうところなんですけど、それで留学に行きたいと思ってます。なので退職します。」

 

「そうですか〜。Gaba良いよね〜。あの立川に通ってるの、俺。」

 

ぱに

そう言われて、課長・部長の退職挨拶を心を痛めながらにかわしてきた、私もこれには肩を撫で下ろした。

 

「もっと早く言ってくださいよ〜!福利厚生を提携するタイミングで言えましたよね!」

 

退職する側が「もっと早く言ってよ」というのはかなりおかしいですが、敬意無しで言うとマジでこれです。

 

思い返してみると、副部長ってこういう人だったので、Gabaの福利厚生の提携がすんなり通った段階で、「もしかして」と気が付くべきだったのかもしれません(笑)

 

もはや、話が早くてラッキーなのか、最後の最後で変な感じになるのかすら分からない状況。

 

なんかもう気持ち的に訳分かんないことになりましたが・・・。

 

「副部長ともっと色々話したかったな」とか「Gabaに通っている1個人として、この選択をどう思ってるだろう?」とか。

 

そんなことを考えていて、10秒は固まってたような気がします。

 

最終的には「俺は結婚して子供もいるから留学には行けないんだけど、結婚してなかったら絶対言ってたな」と言ってくれたので、円満退社。

 

ぱに

こうして私は会社を退職し、20代後半で留学生という名のニートになった。

 

この選択は、会社が嫌になったのでは無く、海外に逃亡したいという気持ちがあったのではなく、新たな挑戦として選んだ道。

 

2年お世話になったGabaマンツーマン英会話を卒業

 

留学に行くとなると、Gabaマンツーマン英会話も卒業しないといけません。

 

まずはカウンセラーに、「このカリキュラムが終わったらフィリピンのセブ島に留学に行ってきます」と伝えました。

 

カウンセラーは私がレベル1から始まったことを知っているし、頻繁に相談に乗ってくれていたので、喜んでくれました。

 

当時の私のレベルはGaba基準でレベル4。

 

「理想を言うとレベル6、7くらいで留学に行って欲しかったんですけど、レベル4でも十分行けますよ。寂しくなりますね。」とカウンセラーから。

 

冷たいように聞こえるかもしれませんが、この時の私は寂しいという実感がありませんでした。

 

おそらく「留学という新しい世界に行けるというワクワク感」が勝っていたのだと思います。

 

その後、お世話になった講師達のレッスンを受けながら、レッスンの最後にお別れの挨拶。

 

「優秀な講師陣」と言われたGabaの講師も、この時ばかりは、見たことも無いような悲しいトーンの声で、英語を話されました。

 

ミッキーは次のレッスンコマが始まる寸前の最後の最後まで、私にフィリピンについて教えてくれた、ジョシュとは固い握手を交わし、「Good luck!」行って来いと。

 

他にも沢山の先生たちが私の新たな挑戦を応援してくれた。

 

ぱに

これだけ長くお世話になっていると、別れは悲しいです。

 

カウンセラーが言っていた「寂しくなりますね」という言葉には営業トークは含まれていなかったと痛感しました。

 

Gabaマンツーマン英会話思い出ノート【最後に】

 

今までありがとうございました。

 

ミッキーが教えてくれた「挑戦することの大切さ」

 

ジョシュが教えてくれた「英語を話す楽しさ」

 

会社も、わがまま言って辞める私を最後まで面倒見てくれて、引き止めてくれてありがとうございました。

 

そして、Gabaマンツーマン英会話。

 

「2年前、体験レッスンに踏み出した一歩の勇気が、私の人生を変えました。」

 

これからのフィリピンのセブ島に留学に行ってきます!

 

別れが多かった1年だったけど、これからの新たな出会いを求めて。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

ぱに

ここでGabaマンツーマン英会話の話は終わりますが、この話の続きは、いつか読みたいと言ってくれる人が現れた時にでも。

 

Fin

 

Gabaマンツーマン英会話公式はこちら

 

Gabaマンツーマン英会話の詳細についてこちらの記事でまとめています!

【デメリットも紹介】Gabaマンツーマン英会話の口コミ・評判を元受講生がレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。