【中学英語の復習はNG】オンライン英会話を始める前にやるべき勉強法

オンライン英会話を始める前に、中学英語の復習から始めようかな。

社会人

ぱに

おお!凄いやる気だー!

 

オンライン英会話を始める前の準備として、まずは過去の英語学習の振り返りから行いたくなりますよね。

 

しかし、経験者としてお伝えしますと、「それだけは止めておいた方が良い」と先に言っておきます。

 

やる気のエンジンが掛かっているところ、大変申し訳無いのですが、そのやる気を違う方向に向けてみませんか?

 

この記事では、これからオンライン英会話を始める予定の人向けに、やる必要の無い復習や、本当に勉強すべきことについて、DMM英会話歴3年の私が解説していきます。

 

Contents

オンライン英会話を始める前にやるべきでない勉強方は「英語の復習」です

 

冒頭で触れたので、察している人もいるかもしれませんが、オンライン英会話を始める前に英語の復習をするのだけは止めておいた方が良いです。

 

その理由は3つ!

 

  • 英語の復習をしている間にモチベーションが下がる
  • 英語の復習をしても英会話がマシになることはない
  • 学ぶのは英語ではなく英会話である

 

では上記を掘り下げて解説していきます。

 

英語の復習をしている間にモチベーションが下がる

 

今まさに、過去の参考書を引っ張り出して、英語の復習をしようとしている人もいるかもしれませんが、オンライン英会話に興味を持ち始めた今が1番やる気がある時です。

 

この状態から、新しい刺激の無い過去の英語の復習なんて始めたら、オンライン英会話へのモチベーションは下がっていくだけ!

 

ぱに

英語の復習なんて始めてしまったら、1日や2日で終わるような話では無いです。
たしかに、全力で中学英語の復習を頑張っても1週間掛けても終わるかどうか。

社会人

ぱに

大体そういう時って1週間でも終わらないんですよね。
1ヶ月以内にはなんとか・・・。

社会人

 

習慣化されていない英語の勉強は続き難いですし、勉強理由がオンライン英会話のための英語の勉強であれば、尚更挫折してしまう可能性が高まると言えますよね。

 

目に見えた挫折でなくても、少し英語の復習をしただけで満足して、「私にとってオンライン英会話なんてどうでもいいや」「自分にとって英語を学ぶってやっぱり違う」っとなってしまうかも・・・。

 

後ほど、紹介しますが、英語と英会話は全くの別物ですので、このような形で見切ってしまうのは勿体ないことなんですよ。

 

英語の復習をしても英会話がマシになることはない

 

誰しも過去に学校の授業や、試験勉強・受験勉強で英語の勉強をしてきたと思いますが、思い描いてようには英語が話せるようになりませんでしたよね。

 

もちろん、英語の復習を行えば、実際にオンライン英会話を始めた時に引き出しの数が増えるかもしれません。

 

しかし、英会話は知っているだけではなく、話せないと意味が無いんです。

 

鍵の開かない引き出しなんていくらあっても使えないですし、外国人の先生は日本の英語教育のカリキュラムや、学ぶ英文法や単語の順番なんて当然知らないので、都合良く引き出しの鍵を開けてはくれないでしょう。

 

英語の復習に時間を使うくらいであれば、オンライン英会話で学んだことを素直に受け入れて、使える引き出しを増やしていった方が効率的ですよ。

 

学ぶのは英語ではなく英会話である

 

これからやろうとしているのは、英語ではなく英会話です。

 

英語と英会話の意味合いは近いようで全く別物!

 

ぱに

英語力が全く無い人でも、英語は話せるようになりますよ。

 

もちろん、英語が得意で知識豊富な人に比べれば「頭が良さそうに詳しく話せるか」「小学生や中学生レベルに話せるか」という差こそは出て来ますが、話せる話せないということとは関係ないんです。

 

この部分は、英会話を通して効率良く学んでいける部分ですので、今の段階では深く考えず、割り切ってオンライン英会話を始めてしまった方がいいですよ。

 

ある意味、英語が苦手な人に朗報なのですが・・・。

 

英語がどれだけ話せなくても、過去の英語の成績表は1でも、リスニングテストが聞き取れず全ての問題の答えをAで提出した人でも大丈夫です。

 

過去の英語へのしがらみを全て忘れて、1からのスタートを切る気持ちで、オンライン英会話を始めてみてください。

 

今振り返っても、あなたの英会話の足跡は1つも付いていませんので、復習をするのは無意味でしか無いと腹を決めて、前に進みましょう!

 

復習が大事になってくるのは今ではなく、オンライン英会話のレッスンを受けてからですよ。

 

オンライン英会話を始める前にやるべき勉強はこの2つだけ!

 

とりあえず、オンライン英会話に登録して、レッスン予約をしてしまって大丈夫です。

 

この勢いでレッスン受講と行きたいところですが、何の対策も無しでは不安だと思いますし、何の学びも無くレッスンが終わってしまう可能性もあるので、オンライン英会話を始める前に、この2つだけ勉強しましょう。

 

 

1つ目は「レッスンの流れ」、2つ目はオンライン英会話ならではの「フレーズの勉強」です。

 

初めてのオンライン英会話で、つまずいてしまうリスクを減らせますので、上記だけはオンライン英会話を始める前に勉強してからレッスンを行ってください。

 

ぱに

おすすめは、初心者向けのDMM英会話に登録して、遅くても今日中にレッスンの予約を入れて期限を作ること!
私は、期限が無いと頑張れないタイプだから、自分を追い込むつもりで頑張ってみる。

社会人

 

因みに、レッスンの流れも、フレーズも30分も掛からずに覚えられるので、難しいことではありませんよ。

 

もしどうしても時間が無くて、目を通せないという人は、カンニングしながらでもOKです。

 

目的はオンライン英会話のレッスンでつまずかないことなので!

 

オンライン英会話を始める前にレッスンの流れを把握する

 

レッスンの流れ1
挨拶
挨拶で役立つフレーズ
レッスンの流れ2
動作確認(カメラ・音声など)
動作確認で役立つフレーズ
レッスンの流れ3
自己紹介
自己紹介で役立つフレーズ
レッスンの流れ4
レッスン
教材を使ったレッスン
レッスンの流れ5
レッスンのレビュー
レッスンの終わりに役立つフレーズ

 

まず、レッスンの流れについてはこれだけです。

 

挨拶→動作確認(カメラ・音声など)→自己紹介→教材を使ったレッスン→レッスンのレビュー

 

ぱに

もうこれで、オンライン英会話を始める前の勉強は、フレーズを覚えるだけになりましたね。

 

オンライン英会話を始める前にオンライン英会話ならではのフレーズを勉強する

 

初めてのオンライン英会話レッスンって「何を話すのか?」「何を聞かれるのか?」が分からないですよね。

 

ぱに

私も初めてのレッスンで先生に「How can I call you?」と言われて考え込みました。「あなたをどう呼んだら良いですか?」という意味ですが、何のことだかさっぱり分からなかった記憶があります。
同じ意味でも「What’s your name?」って聞かれれば答えられるのにね。

社会人

 

レッスンを受ける前段階の導入部分でのフレーズを知らないと、レッスン教材の予習が完璧でも、教材に入る前の段階で先生が何を言っているのか分からなくてやる気を削がれてしまいます。

 

このようなことが無いように、日本語訳を付けて丁寧にフレーズを紹介していきますね。

 

【挨拶編】オンライン英会話を始める前に勉強すべきフレーズ

 

オンライン英会話のレッスンは挨拶から始まります。

 

ここでは名前だけの簡単な挨拶程度なので、自己紹介はもう少し後!

 

基本はレッスン開始時に、この3点セットが飛んできます。

 

Hi. My name is MIKA.

こんにちは、私の名前はミカです。

 

I will be your tutor today.

私は今日あなたの先生になります。

 

How can I call you?

どう呼べばいいですか?

 

ここで挨拶と名前を言いましょう!

 

Hi. My name is PANI.

こんにちは、私の名前はぱにです。

 

Nice to meet you.

お会いできて嬉しいです。

 

「Nice to meet you too PANI san.」という感じで次の動作確認に移動する訳ですが、先生によってはこの段階で簡単な質問をしてくることがあります。

 

頻出度が高いものを紹介していきます。

 

  • Have you eaten dinner?
  • What were you doing before the lesson?
  • How are you?

 

よく聞かれるフレーズ「夜ご飯は食べましたか?」

 

Have you eaten dinner?(夜ご飯は食べましたか?)

I ate ramen for dinner.(私は夕食にラーメンを食べました。)

 

フィリピン人の先生が聞いてくる頻度が多い質問です。

よく聞かれるフレーズ「レッスン前に何をしていましたか?」

 

What were you doing before the lesson?(レッスン前に何をしていましたか?)

I was in the bath.(私はお風呂に入っていました)

 

これも頻出度高めなので、知っておくと便利!

 

逆に、What will you do after the lesson?(レッスンの後に何をする予定ですか?)は、ほとんど聞かれません。

 

レッスン終了ギリギリまで話すので、レッスン後の予定について聞く時間がないからだと思います。

 

よく聞かれるフレーズ「元気ですか?」

 

How are you today?(今日はどうですか?)

So-so good.(まあまあ良い)、Same as usual.(いつもと同じ)

 

1番聞かれると言って良いほど、王道のフレーズです。

 

Good!でもGreatでもI’m fineでも良いのですが、I’m nervous(私は緊張しています)だけは言わない方が楽だと思います。

 

因みに、ナーバスというと、必ず「Why?」と帰ってくるので、理由の説明が必要になってくるんですよね。

 

Why?

Because I study DMM English for the first time (なぜなら、私は始めてDMM英会話で勉強するからです)

 

こんな感じでかわしてみても良いかもしれません。

 

ここまで出来れば、オンライン英会話での挨拶はOKだと思います。

 

少し応用になりますが、どうしてもHow about you?(あなたはどうですか?)と聞かないといけない雰囲気が立ち込めたら、下記のように話すと、会話感が増しますよ。

 

How about you? What were you doing before the lesson?

 

How about you? Have you eaten dinner?

 

How about you? How are you today?

 

繰り返して先生にも聞くことで練習にもなります。

 

因みに「よろしくお願いします」というフレーズを言いたいのが、日本人ですが英語で直接的な「よろしくお願いします」という表現はありません。

 

会話の中で「よろしくお願いします」に近いニュアンスを伝えるような感じになりますので、気にしないでOK!

 

【動作確認編】オンライン英会話を始める前に勉強すべきフレーズ

 

挨拶の後は、動作確認をすることになります。

 

頻出度100%と言ってもよいフレーズなので抑えておきましょう。

 

大抵この2つのフレーズで質問されることが大半です。

 

Can you see me clearly?私がよく見えますか?

 

Can you hear me clearly?

私の声がよく聞こえますか?

 

見えるか見えないか、聞こえるか聞こえないかだけの質問なので、難しいことはありませんよ。

 

Everything is OK.

全てOKです。

 

I can’t hear you clearly.

よく聞こえません。

 

I can’t see you clearly.

よく見えません。

 

【自己紹介編】オンライン英会話を始める前に勉強すべきフレーズ

 

基本的に先生から自己紹介をしてくれるので、先生の自己紹介を聞いてから、自分の番の自己紹介になります。

 

How about you? と言われたら、自分の番になります。

 

これから何十回とレッスンを受けていくことになると思いますので、自己紹介のテンプレを作っておくと楽!

 

Again. I’m PANI.

改めて、私の名前はぱにです。

 

I’m 29(twenty nine) years old and I live in Tokyo.

私は29歳で、東京に住んでいます。

 

My work is real estate agent.

私は不動産の仕事をしています。

 

During in my free time, I enjoy studying English, playing video games and having a drink with my friend.

空いている時間は、英語を勉強したり、ビデオゲームをしたり、友達と飲みにいくことを楽しんでいます。

 

That’s about it.

そんなところかな。

 

ざっくりこんな感じで名前、年齢、住まい、仕事、趣味あたりを話します。

 

たまにこのような質問が来る時がありました。

 

  • How many years have you been working?
  • What is the purpose of studying English?
  • When did you start to learn English?

 

よく聞かれるフレーズ「今の仕事を何年続けているの?」

 

How many years have you been working?(今の仕事を何年続けているの?)

I have been workng at this company for 3 years ago.(私は3年間この会社で働いています)

 

よく聞かれるフレーズ「何のために英語を勉強しているの?」

 

What is the purpose of studying English?(何のために英語を勉強しているの?)

I am studying english to go to study in cebu.(私はセブ島に留学するために英語を勉強しています。)

 

よく聞かれるフレーズ「いつ英語の勉強を始めましたか?」

 

When did you start to learn English?(いつ英語の勉強を始めましたか?)

I started studying English a month ago.(私は1ヶ月前から英語を勉強し始めました。)

 

自己紹介をした後は、「はい。分かりました。じゃあレッスンを始めましょう」とすんなり行く可能性は低い!

 

質問されることもあるので、質問の答えは用意しておきましょう。

 

【レッスン編】オンライン英会話を始める前に勉強すべきフレーズ

 

自己紹介が終われば、ようやくレッスンに入ります。

 

Is today’s lesson 「conversation material lesson 3」right?

今日のレッスンはコンバーセーション教材のレッスン3で正しいですか?

 

教材を使う場合は、教材とトピックの確認をされてスタート!

 

基本的には教材に沿ったレッスンが行われるので、つまずくことは無いと思いますが、分からないことを分からないと言える英語力は必要になります。

 

Do you have any question?(質問はありますか?)

 

このフレーズはレッスン中に何度も聞かれます。

 

None so far.

今のところはありません。

 

How do I pronounce this word?

これはどのように発音したら良いですか?

 

What does that word mean?

その単語の意味はなんですか?

 

Is this correct?

これは正しいですか?

 

Do A and B have the same meaning?

AとBは同じ意味ですか?

 

リスニングなどが聞き取れない場合は・・・。

 

Can you please speak more slowly that?

もう少しゆっくり言ってもらえませんか?

 

Can you please repeat that?

もう一度言ってもらえますか?

 

Can you give me this listening sentence to my chat box?

リスニングセンテンツをくれませんか?

 

これだけ知ってればなんとかなります!

 

【レッスン終了間際】オンライン英会話を始める前に勉強すべきフレーズ

 

レッスンが終わりに近づくと、先生から今日のレッスンのレビューをされます。

 

レッスンが終わる前にお礼の一つでも言えるようになりたいなー。

社会人

ぱに

語彙力が無いと、Byeだけで終わってしまいますよね。

 

Thank you for teaching me.

英語を教えてくれてありがとう。

 

I will book your class again.

またあなたの授業を予約するね。

 

Good luck with your  job.

仕事頑張ってね。

 

私がオンライン英会話を始めたときは、英語が出来なさ過ぎて、レッスンにすらなりませんでした。

 

オンライン英会話を始める前の段階で、これだけフレーズを知っていれば、質問も聞き取れますし、質問に対しても答えられるので、英語が分からな過ぎてレッスンにならいないということは無いですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。