【高過ぎ!】下がるの覚悟でオリエンタルランドの株を購入しました!

 

こんにちは、ぱにです。

 

いきなりですが、ノリと勢いでオリエンタルランドの株を100株購入しました。

 

掛かった金額は、¥1,764,600円(100株)

 

いや、普通に考えたらアホなんですよね。

 

株に慣れている人からしたら、「今買うなよ!」と思われるのかもしれませんが、やっちまいました。

 

結論から言うと、一般庶民がこの株を買うには、アホにならないと買えない株だと思っています。

 

ということで、今回は、私がオリエンタルランドの株を購入した理由と、オリエンタルランドを購入したメリットについて書いていきます。

 

オリエンタルランドの株について間単に説明!

 

配当金

 

2021年現在で、オリエンタルランドの株を100株保有していたら、年間2600円くらいの配当が貰えます。

 

配当年度年度3月の1株あたりの配当9月の1株あたりの配当
2019年22円22円
2020年13円13円
2021年13円13円
2022年13円(予定)非公開

 

厳密に言うと、NISA枠の1年当たりの上限が120万円までなので、オリエンタルランドの株価の方が高いことから、特定口座もしくは、一般講座で保有することになると思いますので、2600円から20%の税金を差し引くと・・・。

 

手元に来る年間配当は、2080円程度と考えておいた方が正しいかも知れません。

 

配当利回りとしては、かなり低い部類に入ります。

 

株主優待

 

「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」いずれかのパークで利用可能なワンデーパスポートが保有数に応じて貰えます。

 

優待券の株数3月優待9月優待
100株以上1枚0枚
400株以上1枚1枚
800株以上2枚2枚
1200株以上3枚3枚
1600株以上4枚4枚
2000株以上5枚5枚
2400株以上6枚6枚

 

※23年9月のみ100株以上を18年9月から継続して保有した株主には4枚追加

 

因みに2023年は東京ディズニーランド40周年となっており、上記の長期保有特典は5年単位で継続して行われているようです。

 

オリエンタルランドの株を大量保有して、株主優待券を大量に持っていれば無料でディズニーを年に何回も楽しめるというメリットがありますが・・・。

 

お金に余裕があって、そんなにディズニーが好きなら、年パスを買って他のもっと配当利回りが良い株を買った方がいいのかもしれませんね。

 

ざっと説明が終わったところで、本題に入ります。

 

オリエンタルランドの株を買えない人が多い理由

 

私はオリエンタルランドの株がずっと欲しいと思っていました。

 

それこそ、新卒で初めて会社に勤めて、初めて株に触った時からずっとです。

 

もちろん、いらない人からしたら、別に敢えてオリエンタルランドの株なんて買う必要無いと思うかも知れませんが、欲しいと思ってしまったら、いつになっても欲しい訳なんですよね。

 

じゃあいつ買うかという話になるんですけども、そのいつかって論理的には絶対に来ないんです!

 

そりゃそうなんですよ。

 

配当利回りとか、儲かるとか色々考慮すると、200万近く出してオリエンタルランドの株を買うなんて正気の沙汰では無いですからね。

 

配当だって年間で2600円(2021年時点)ぽっちの株で、株主優待を合わせても、年間1万円に届くかどうか程度。

 

当然配当狙いだったら他の株を買った方がいいし、中には年間利回り5%超え(200万出せば、年間配当10万越え)の株だってゴロゴロありますし、値上りしそうな株もごまんとあるでしょう。

 

論理的思考に基づいていたら、オリエンタルランドの株を購入する理由なんて、いつになっても作られない訳です。

 

いつになっても買えないのではなく、買わないというのが正しいかも知れません。

 

ではなぜオリエンタルランドの株を購入したのか?

 

それでも私はオリエンタルランドの株を購入することにしました。

 

その理由は4つあります。

 

①このままでは2度とオリエンタルランドの株を買わないと思ったから

 

先ほどの通り、私の論理的思考では、オリエンタルランドの株は買わないでしょう。

 

だからこそ、損得感情を無にして、感情で買うしか無かったとも言えます。

 

いや、そうじゃなければ、絶対に買えませんでした。

 

とは言え、値段が値段なので、ミッキーが好きだからとか、ディズニーが好きだからとか、そんなチャッハウフフの女子高生みたいな生優しいことも言ってられない訳ですよ。

 

ワンチャン、暴落に巻き込まれて、損をしようものなら、ディズニー嫌いになるまでありますからね。

 

だからこそ、何が合っても絶対に保有し続けるという強い意志を固めて、購入しました。

 

②オリエンタルランドの株を保有することによりステータスになると思ったから

 

二つ目の理由は、オリエンタルランドの株を購入することにより、1つのステータスになると思ったからです。

 

簡単に言うと、これだけの大金を払っていれば、仕事も頑張れるし、辛い時は自分は夢の国の株主なんだと、自信を持てる!

 

そんな魔法にかかります。

 

厳密に言うと、ライザップ効果の延長線上にあるお金を日々の原動力に等価交換することで、頑張る決意を固める的なサムシング!

 

とはいえ、自分の中でオリエンタルランドの株を保有すると言うことは、人生の1つの目標でもありました。

 

本当は、良い車に乗りたいとか、自分の家を持ちたいとなるべきところが、私の場合は、オリエンタルランドの株だった、ただそれだけの話。

 

それで日頃のやる気に繋がるならいいんちゃう的な楽観的な発想ではありますが、この無計画さが無ければ、絶対に買う気になれない自信だけはありました。

 

③オリエンタルランドの株は資産になると思ったから

 

さすがにディズニーは潰れないと思いますので、半永久的にこの株とはお付き合いしていくことになります。

 

おそらく、100年先もミッキーはみんなの人気者であることに賭けて、オリエンタルランドの株は不滅の金融資産として捉えました。

 

これでも色々と考えまして、100年先も生きてそうなのは、ミッキー・マリオ・ピカチュウくらいかな。

 

きっと、キティーちゃん・トーマス・アンパンマンあたりは厳しいそう・・・。

 

ドラえもんが22世紀までに消えたら、それはそれは受けるけど、まあミッキーなら大丈夫!

 

あ、ごめん。しまじろう忘れてた。

 

ということで、子供にも資産として残せることを考えると有りだよな〜という結論に。

 

因みに、筆者は未婚で子供がいないどころか、彼女もいません。

 

④オリエンタルランドの株価は長期的には上がっている

 

オリエンタルランドの株価は長期的には右肩上がりで、2015年の4月には、1→4の株式分割をしています。

 

私もこの時期にオリエンタルランドの株価を見ていたのですが、分割後で60万円(100株)でしたので、6年経って当時の3倍くらいの価格で購入したことになりました。

 

「あの時買ってればな」と、後悔はしましたが、当時は別の株を購入したり、色んな株を買っては売ってと、ごちゃごちゃやっていたので、買えなかったんですよね。

 

正直なところ、当時でもオリエンタルランドの株は無理をすれば買えましたが、せっかく株を始めたのに、売買して株を動かすという楽しみが無くなってしまうことを恐れて手を出せなかったんです。

 

ただ、この経験があったからこそ、いつかオリエンタルランドの株を購入するという強い意志に繋がりました。

 

それで、何が言いたいかと言うと、急ぎで買う必要は有りませんし、株価は乱高下するものではありますが、オリエンタルランドの株価は年々が上がっているということ。

 

事業規模・業績を遥かに超えたプレミアム感という割高オーラーを身に纏っていますが、もはやそれはデフォで、右肩上がりの上昇を続けている早いもの勝ち感が炸裂している銘柄。

 

もちろん、今度もずっと右肩上がりに成長していくとは限りませんが、少子化・東日本大震災・コロナがあっても長期的に、上昇を続けているパワーがあります。

 

千葉県浦安市に直下型地震とか来たら分かりませんが、まあそれはオリエンタルランドに限ったことじゃないし・・・。

 

もしかしたら、10年後には自分の資産が何倍かに膨れ上がってるかもしれないという期待も込めてオリエンタルランドの株を購入することにしました。

 

オリエンタルランドの株を購入する最大のメリットはこれ!

 

毎年3月末の権利確定日にオリエンタルランドの株を100株持っていると、株主優待として、ディズニーランド・ディズニーシーのいずれかの1デーパスポートが、株主優待として届きます。

 

いや、それなら直接買っても1万円しないじゃんって話なんですけど、ポイントは「ディズニーから優待券が送られてくる」というその行為!

 

自宅に毎年ディズニーの優待券が送られてくる家庭って素敵ですよね。

 

家族全員笑顔になるし、仕事で忙しくても「ディズニー行くか!」ってなりますよ絶対。

 

毎年1回でいいから、日本最大の娯楽施設に行く習慣がある家庭て素敵だと思いませんか?

 

家族・恋人との時間を大切にするきっかけが貰えると考えると、お金じゃない部分で嬉しい特典なのかなと思います。

 

論理的に考えたら、手が出ないと言う人もいるかもしれませんが、欲しいという欲求は手に入れることでしか満たされません。

 

もちろん、諦めるということも必要ですが、私のように覚悟を決めた時に購入するというのも有りかも知れませんよ。

 

オリエンタルランドの株は、どこの証券会社でも購入可能なので、チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。